『稼げるキーワード教えます!』・・・このフレーズを聞くとムカつきます。

稼げるキーワード教えます。

稼げる市場を教えます!

こういったフレーズってよく聞くんですが、さっぱり意味が分かりません。。。

変な情報に釣られないように注意です。

 

 

 

稼げるキーワードって、

実際、相対的なものなので存在しないと私は思っています。

だって、稼げるキーワードを教わった人が

それだけで数ヵ月後稼げているのか・・・って話ですよ^^;

 

 

はっきりと言って、人それぞれすべての能力が違いますよね。

美容系が得意な人もいれば、金融系などの市場が得意な人もいるし、

なのに、一概に稼げるキーワード教えられたって、実際は稼げるかどうか分かりません。

 

 

さらに言えば、稼げるキーワードを教えてあげるといっているアフィリエイターは、

多分、読者に稼げるようになってもらいたいとは思っていないと思います。

本当に稼げるようになってほしいなら、『稼げるキーワードを見つける技術を教えます』

と言ってくれるのではないでしょうか。 いや、知らんですけど・・・。

 

 

稼げるキーワードを教わったところで、実際に稼げるのかわからないし、

稼げたとして、次に活かせるわけでもない・・・また教わるつもりですか?って感じです。

そもそも、稼げるキーワードを検索回数だけで図っているんならまったく価値なしです。

 

 

アフィリエイトは相対的なものなので、

稼げるキーワードとか、稼げるツールとか、稼げるようになる教材とか、

そんなものは存在しません。 きっかけにはなるかもしれませんけど。

 

実際のところ、自分で色々とチャレンジしてみるしか

方法がないと思うんですよね・・・。

でないと、数ヵ月稼げてまた0になってしまいそう・・・。

 

自分で稼げるキーワードを見つけるのは大事なことです。

何度も練習しているうちに、質もスピードも上がるかと思います。

でもそこを他力本願で済ませたら、なにも残りません。

 

 

よく言われることなのですが、

もし魚をあなたに与えられたとして、

あなたに調理方法の知識がなければ、なにもできませんよね。

 

あるいは、仮にあなたが焼くという調理方法をひとつ覚えで誰かに教わったとします。

でも、焼くという方法しか知らないから、魚を与えられても焼くし、肉も焼く、たまごも焼く、

果ては米までも焼いてしまうでしょう。それしか知らないので。

 

・・・今度は炊くという方法を教わったとします。

で、お米を渡されて、あなたはお米を「焼く」か「炊く」でどちらか選択できますか?

焼くと炊くだけひとつ覚えに覚えても、お米を焼けばよいのか炊けばよいのか分からないんです。

 

で、迷っちゃうわけですよね。

でも、成功する人はここで両方試すんです。

 

焼く、炊くの両方を実際に自分で試しちゃうんですよ。

そうすれば、自ずとどちらが美味なのかわかってきます。

 

で、成功しないタイプは、立ち往生してしまうんです。

あれ、焼けばいいの?炊けばいいの?

誰か教えて~~~><;

 

もし、奇跡的に誰かが教えてくれたとしても、

今度、同じようなケースが起こったらまた誰かに教えてもらうのを待ちますか?

 

実践すれば分かることを、ずっと知識ばっかり学んで行動に

起こさないのでは無意味ってこのことです。

 

話が少しだけそれましたが、

ようは、稼げるキーワード教えます! も典型的なこの例ですよね。

しっかりと自分で実践する癖をつけられるように頑張っていきましょう!^^

 

コメントを残す